赤ワインに合う料理特集!

ワインとハンバーグ

白ワインといえば魚料理、赤ワインといえば肉料理というのが一般的に良く知られている組み合わせですが、特に赤ワインに合う料理としてハンバーグが挙げられます。元々赤ワインは酸味や渋みが強いものが多く、ステーキやビーフシチューといったボリュームのある肉料理や濃い味付けにあうどっしりとした重みがありますが、ハンバーグは適度に野菜の甘みが感じられる上、味付け次第でコクのある一品にも、あっさりとした軽い料理にも変化しますので、様々な赤ワインに合わせることができます。野菜の割合が少ない、上質な肉を使ったものはステーキに近い味わいになりますので、やや重いタイプのワインでも相性よく飲むことができますし、一般的な野菜とバランスよく混ざっているものの場合には、軽めのワインでも美味しくいただけます。
また、ハンバーグ用に使うソースとしても赤ワインの相性はよく、ソースに香りをつけるために料理酒として使われたり、赤ワインやその他調味料を混ぜ合わせたソースで煮込むなど、料理にそのまま使われることもありますので、なおさら相性がよくなっています。加熱することで赤ワインが盛っている本来の酸味や渋みを飛ばすことができますし、肉を柔らかくしたり、香りをつけて臭みをとるなどの働きもありますので、小さい子供でも好む、本格的な味わいになります。このように、料理字体を美味しくする相乗効果もありますが、料理と一緒に飲む場合であれば、基本的にはあまり重過ぎないワインの方が相性がよいでしょう。ハンバーグの味付けにもよりますが、一般的な煮込みハンバーグや洋食風のものであれば、ワインが味を殺さないように料理の方に重きをおいたほうがバランスが良くなります。チーズや目玉焼きなどを乗せたものでも、全体的な味のバランスが赤ワインよりになっていますので、問題なくいただけます。ハンバーグのソースや付け合せ、味付けなどを変えて色々な組み合わせを楽しんでみましょう。

ワインとすき焼き

すき焼きは日本料理ではありますが、実は赤ワインとの相性も抜群なのです。
すき焼きは肉や野菜を砂糖やしょうゆで味付けをし、さらに卵にくぐらせて食べる料理です。かなり濃厚な料理ですが、この濃厚さが赤ワインには実はぴったりなのです。
赤ワイン、ブルゴーニュワインの場合はしっかりとした酸味があります。
この酸味が濃厚なこってりとした味をさっぱりとさせてくれるのです。すきやきを食べるともたれるという方には非常に適した食べ方となります。
ですので赤ワインと一緒にすき焼きを食べることによって沢山すき焼きが食べられるようになるのです。
肉の濃厚さ、卵や砂糖のこってりさが苦手な方でしたら一度は赤ワインと一緒に食べてみてください。
ワインなしで食べるのとはまた違った奥の深い味わいがあります。
また赤ワインは濃厚なすき焼きの味におされて風味が消えそうなイメージがありますが、実はそうでもないのです。
元々のワインの酸味はしっかりと残ります。ですのでワインそのものも楽しみたいと思っている方には非常にいいのです。
またすきやきには甘みもあります。これは砂糖を使っているからというのとたまねぎを使っているからというのがあるのですが、これもワインの酸味を引き立ててくれるのです。
料理もワインも両方の美味しさが体感できる最高の組み合わせなのです。
すきやきには日本酒だと決めている方も一度赤ワインを飲んでみてください。
同じ料理を食べているのにも関わらず一緒に飲むお酒によってこれだけ風味が変わるものなのかと体感できるのです。
赤ワインの中でもブルゴーニュワインというのは非常に味がしっかりとしています。ですので特にすきやきにはぴったりになるのです。
他のワインでも勿論合うことが合うのですが、さらに美味しく食べたいと思っている方にはお勧めです。
ワインだけでも勿論魅力的なのですが、元々ワインが苦手な方でもこのような組み合わせであれば飲めるはずです。

ワインとグラタン

ロゼワインとはオレンジがかった濃いピンク色をした黒ブドウや果皮色素の薄いブドウを原料としているワインのことを指します、ロゼという言葉はフランス語でバラ色という意味がありバラの様に美しい色合いをしていることから名づけられたとされているワインとなっています。
ロゼワインは辛口や甘口のものが存在しているものの基本的にはさっぱりとした味わいのものが多くなっています、そのためグラタンやドリアといった濃い味付けの主食料理との相性が非常に良く食事と一緒に飲むお酒として適しているとも言われているのです。
ロゼワインに合うグラタンとしてはホワイトソースのものだけでなくより味付けが濃い目なミートソースのものやトマトソースのものも相性がいいと言えます、具に関してもマカロニのものであってもチーズとジャガイモのシンプルなものであってもロゼワインとはとても合うと言えます。
ロゼワインとグラタンを一緒に楽しみたい場合グラタンを多少濃い目の味付けにすればロゼワインの美味しさは一層引き立つと言えます、これはグラタンソースを濃いものにするのではなく中の具を最初から濃い目の味付けにしておくといった工夫を取ることでよりロゼワインの美味しさを強くすることが可能となるのです。

ワインと餃子

スパークリングワインに合う料理とは何なのでしょうか。今回は色々ある料理の中から、餃子とスパークリングワインの組み合わせを紹介したいと思います。餃子と一口に行っても、調理工程や包む具材によりさまざまな味が実現できます。スパークリングワインは、発泡性のワインですので、あっさりしたものよりもパンチのあるもののほうがお薦めです。茹でたものや蒸したものでも美味しく飲めますが、揚げたものや焼いたものの方が合いやすいでしょう。次に中身ですが、海鮮や野菜だけのあっさりしたものよりも、肉が沢山入っているほうがスパークリングワインに合います。スパークリングワインはワインの一種ですから、チーズ餃子等の洋風にも良く合います。チーズとマッシュポテト入り揚げ餃子は特にお薦めです。また、大きさにもこだわりたいところです。ジャンボなものより一口サイズがお薦めです。手軽につまめるしピリ辛のものも多いので、スパークリングワインにピッタリです。そして、揚げるにも小さいほうが向いています。市販の餃子でも種類が豊富になりましたが、家で手作りすれば自分にぴったりのスパークリングワインに合う餃子ができるはずです。ワインによって味も違うし個人の好みもあるので、自分で色々と研究しながら楽しんでみてください。

ワインと料理の相性は自分で勉強するに限りますが、ワインと料理に詳しい情報を持っているところから買うとさらにいいと思います。
情報満載のスタッフがワインの販売をしてくれるのがワイン専門のREDBOXさんです。